• お電話はこちら
  • WEB予約はこちら
やまとシエルの美容鍼灸
やまとシエルの美容鍼灸
巻爪治療

首の痛みについて


やまとシエルにお任せください

  • 首のコリがひどい
  • 首にしびれがある
  • 上肢に痛み・しびれがある
  • 慢性的に首が痛む

首の痛み

首の痛みにはさまざまな原因がありますが、主なものとして大きく2つに分かれます。

1つ目は骨や筋肉に異常がない痛み。2つ目は骨や筋肉に異常がある痛みです。

首の痛みが起こる病気の一例

首の痛み

骨や筋肉に異常がない痛みには、寝違えや肩こりなどがあります。

骨や筋肉に異常がある痛みには、頸椎椎間板ヘルニアや頸椎症、後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症、斜頚、脊椎・脊髄腫瘍、化膿性脊椎炎などがあります。

その他、首の痛みが起こる病気の一例をご紹介します。

頚椎椎間板ヘルニア

加齢や外傷により、椎間板が飛び出すことによって起こります。

30~50歳代に多く、悪い姿勢での仕事やスポーツなどがきっかけに発症する場合が多くあります。

首の痛みのほか、腕や指先に痛みや痺れが出たり、脊髄にまで障害が及んだ場合は足のもつれ、歩行障害が出ることもあります。

頚椎症性神経根症、頚椎症性脊髄症

加齢によって頸椎の骨が変形してしまうことで、神経や脊髄が圧迫されて痛みが発症します。

首を後ろに反らせると痛みが強くなる場合が多く、うがいや上を見ることが苦痛となります。

痛みの他、手足のしびれや、ボタンが付けにくくなる、箸が使いづらくなる、足がもつれたりする場合があります。

病院では、まとめて頚椎症と診断されることがあります。

首の痛みの治療法

首の痛み

頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症の場合、病院では痛みが強い時期に装具などを用いて安静保持しつつ、痛み止めの薬を服用したり、神経ブロックの注射を打って痛みをやわらげていきます。

また、症状に応じて牽引療法や運動療法を行う場合もあります。

改善が見られず、歩行障害や排尿障害などを伴ってしまう場合は手術適応となります。

首の痛みの治療はマッサージや鍼がおすすめ

手術以外は結局保存療法になりますので、痛み止めの薬に頼りたくない方におすすめなのは、東洋医学のマッサージや鍼などです。

首や肩回りの筋肉の緊張を取ることで、痛みの緩和、また症状を抑える効果が期待出来ます。

関節は消耗品です。悪くなっても、取り替える部品はありません。だから大切に使わなければなりません。

痛みが出てからではなく、定期的に身体のメンテナンスすることをお勧めします。

まずはお気軽にお電話ください

当店はお電話だけでなくWebからのご予約も承っております。ぜひご利用ください。

お電話はこちら Web予約はこちら
お問い合わせ

当店はお電話だけでなくWebからのご予約も承っております。お電話、またはご予約は以下のボタンからどうぞ。

お電話でのご質問はこちら WEB予約はこちら